ぶらんこ乗り(一箱古本市出店者募集中!)

少し間が空きましたが、引き続き別府に持ってきた本の紹介をしようと思います(^o^)

今日紹介する本は いしいしんじ著 ぶらんこ乗り 新潮文庫 です。

ぶらんこ乗りの上手な男の子がある日突然声を失って、声を失ってからなぜか動物の声が聞こえるようになったという不思議な物語です。(完全に声が出なくなったのではなくて、変な声に変わってしまって声を出して人と会話できなくなったと言うかんじです)

その男の子はぶらんこが好きで家にぶらんこを作ってもらって寝る時もぶらんこの上で生活するようになります。そこに動物たちが話をしにやって来て、その話を男の子がノートにまとめてお姉ちゃんに読ませてあげます。

この本はすごく純粋で不思議で面白い物語です。この物語を読んで純粋に作り物の世界に浸っていた頃を思い出しました。同じビデオを何度も繰り返し見ていた頃の、それを作り物とも知らず楽しんでいた頃の感覚です。(僕はディズニーの王様の剣が大好きで何度も繰り返しビデオを見ていました)

僕は人が作った物の素晴らしさを大事にしています。創作物の力を信じています。

このいしいしんじさんの書いたぶらんこ乗りという物語は本当に素晴らしい物語でした。こういう物語を大人になって読める事は凄くありがたいことです。

 

引き続き一箱古本市の出展者を現在大募集中です!

日時:2018年4月8日(日)9時~16時くらい

場所:山口県岩国市美和町長谷1196(旧長谷小学校)

出店料:500円

募集箱数:10箱くらい

ざっくりこれくらいしか決まっていないので今後どんどん更新していこうと思います♪

出店を希望される方は

1屋号:

2お名前:

3住所:

4電話番号:

5HPやSNSのアカウント:

6参加人数:

7意気込みや宣伝などの自己PR文章(200字程度):

を記入して netarobazaar@gmail.com へ「一箱古本市出店希望」と件名を入れてメールを送信してください!

それでは今日はこのへんで。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です