旅のとも10冊紹介(一箱古本市出店者募集中)

今日は久しぶりに本の話をしましょう。

寝太郎バザールで売る商品は今のところ本だけですからね。本の話をしましょう。

旅行に行く際は必ず本を持っていきます。もちろん持って行ったけど全く読まなかったってこともありますが、読む読まない関係なく、僕にとって旅のともを選ぶ作業はこの旅が素晴らしいものになりますようにという祈りの儀式のようなものなのです。

長編小説や短編集、歌集や簡単な学術書を織り交ぜて自分のストーリーを作ります。

それでは今回別府に持って来た10冊の本を紹介します。

左から

内藤正典著 となりのイスラム ミシマ社

幸田文著 流れる 新潮文庫

向田邦子著 あ・うん 新潮文庫

吉田修一著 女たちは二度遊ぶ 角川文庫

いしいしんじ著 ぶらんこ乗り 新潮文庫

中勘助著 鳥の物語 岩波文庫

川上未映子著 乳と卵 文春文庫

俵万智著 ある日、カルカッタ 新潮文庫

柴崎友香著 春の庭 文春文庫

宮下奈都著 つぼみ 光文社

の10冊です。

続きはまた明日書こうかな♪

 

引き続き一箱古本市の出展者を現在大募集中です!

日時:2018年4月8日(日)9時~16時くらい

場所:山口県岩国市美和町長谷1196(旧長谷小学校)

出店料:500円

募集箱数:10箱くらい

ざっくりこれくらいしか決まっていないので今後どんどん更新していこうと思います♪

出店を希望される方は

1屋号:

2お名前:

3住所:

4電話番号:

5HPやSNSのアカウント:

6参加人数:

7意気込みや宣伝などの自己PR文章(200字程度):

を記入して netarobazaar@gmail.com へ「一箱古本市出店希望」と件名を入れてメールを送信してください!

それでは今日はこのへんで。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です