金持ち父さんの教え今すぐ実行できることランキング第5位

今日のテーマ

「1番最初に自分に支払うこと」


金持ち父さんの教えランキングの第5位を解説していきます。

 

金持ち父さんの教えランキング

 

※このランキングは実践を前提としているので、すぐに実行可能な教えに絞りました。

 

金持ち父さんの教えランキング第5位

 

「1番最初に自分に支払うこと」

 

が記述回数10回でランクインです♪

 

それでは解説していきましょう(o^^o)

 

1番最初に自分に支払うこと

 

1番最初に自分に支払うこと

 

とはいったいどういう意味の教えでしょうか。

 

金持ち父さんと主人公の会話を見てみましょう。

 

「きみのお父さん(貧乏父さん)はいつ請求書の支払いをするかい?」

「毎月1日です」

「払った後お金は残っているかい?」

「ほんの少しだけ」

「きみのお父さん(貧乏父さん父さん)がいつもお金に困っている最大の理由はそれだよ。悪い習慣にどっぷり浸かっている。まず他の人に支払いをすませて、最後にいくらか残ったら、そのときはじめて自分に支払いをしているんだ」

「お金が残るなんてことはほとんどありません。でも、請求書は払わないわけにはいかないでしょう?それとも払うべきじゃないって言うんですか?」

「もちろん払わなくちゃいけないよ。請求書の支払いを期日通りに済ませることは大事だ。私だってそうしている。でも私は、他の人に支払う前に自分に支払うんだ。ほかの人ってのには政府もはいる。」

 

なぜ、最初に自分に支払うか

1番最初に自分に支払うこと

 

という教えで大事なのはその理由です。

 

会話の続きを見てみましょう。

 

「なぜそうするんですか?」

原動力を得るためだよ。支払わなかったらうるさく言ってくるのはどっちだと思うかい?きみ自身かい?それともきみにお金を貸している人?」

「お金を貸している人の方がうるさく言うに決まっています。自分に払わなくたって、自分じゃ何も言いませんよ。」

「じゃ、わかるだろう。自分に対してまず支払いをすると、そのあと、自分がお金を借りている人や税務署に対して支払いをしなければならなというプレッシャーが強くて、なんと新たな収入の道を見つけようと頑張ることになる。『支払わなくてはいけない』というプレッシャーが原動力になるんだ。そして、お金を借りている相手がうるさく言ってこないようにと、よぶんな仕事をしたり、新しい会社を興したり、株の売買を始めたりするようになる。私はそうやってきたんだよ。そのプレッシャーのおかげで私はより一生懸命働くようになり、必死で考えるようになった。そして、そういったことを続けるなかで私はお金に関してより賢くなり、より多くの行動力を持てるようになったんだ。もし自分に対する支払いを最後にしていたら、プレッシャーも感じなかっただろうが、その代わり文無しになっていたと思うよ」

 

自分に金銭的なプレッシャーをかけて働く原動力、新しいビジネスを始めるきっかけを作りなさいという教えです。

 

金持ち父さんは収入が少ないときでも自分への支払いを最初にして、自分に投資したり資産を買いなさいと言っています。

 

実践のコツ

 

①経費を低く抑える

②自分で返済しなければならないような大きな借金はしない

③収入が少ないときでも貯蓄や投資用の資産を取り崩さず、お金に関する才能を刺激して、アイディアを考え、より多くのお金を作り出す能力を高める。

 

~実践編~

 

①参考書を1番に買う

②無駄遣いしない

③バイクのローンは最後に払う。払えない場合はチャンスだと思ってお金を作り出す!

 

おわり

この教えは習得が難しい教えだなぁと思いました。

 

急に全てを変えるんじゃなくて、徐々に変えていこうと思います。

 

要はお金に関する才能を目覚めさせるきっかけを作ることが大事なのだと思います。

 

今はお金持ちになる基礎を作っている時期なので、焦らずにやっていきましょう。

 

おわり

 

Follow me!

金持ち父さんの教え今すぐ実行できることランキング第5位” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です