またしても参考書見つからず! 「脳にいいこと」だけをやりなさい

こんにちは、寝太郎バザールの村田です(o^^o)

 

幸運で恵まれたお金持ちになるために色々と勉強しているのですが、

 

参考書にしている

 

金持ち父さん貧乏父さん

 

 

の教えに

 

「恐怖と欲望をコントロールしなさい」

 

という教えがあります。

 

金持ちであれ貧乏であれ、恐怖と欲望をコントロールするという事は幸せに暮らしていくために重要なことだと思います。

 

そして、とても難しい課題だと思います。

 

「恐怖と欲望をコントロールする」ための参考書を探しており、

 

「脳にいいこと」だけをやりなさい

マーシー・シャイモフ著 茂木健一郎訳 三笠書房

という本を読みました。

 

結論から言うと、この本は「恐怖と欲望をコントロールする」ための参考書には採用しません。

 

しかし、今後の人生において、特に「幸運に生きる」という目標を達成するために参考になることが多く書かれていたので、

 

私が気に入った部分だけピックアップしてまとめておきますので、購入するかしないかの参考にしてみてください♪

 

ネガティヴ思考を手放す

ネガティヴな思考は手放す事ができるという考えには驚かされました。

 

考えや感情は真実でもなければあなたの一部でもない。必ず手放す事ができる。

 

と言い、その方法も書いてありました。

①リラックスして心の中に集中する。

②嫌悪感を抱いている感情を思い浮かべて、できるだけその気分に浸る。

③この気持ちを手放せますかと自問する。

④さぁこの気持ちを手放したいですかと自問する

 

たったこれだけです。

この気持ちを手放したいですかの問いの答えはイエスでもノーでも良いそうです。

リラックスして自問することが大事なんだそうです。

 

私は「恐怖と欲望をコントロールしたい」のであって手放したいわけではないのでこのやり方は採用しません。

 

でも目から鱗の考え方でした。これから何かの参考になるかもしれません。

 

習慣的な考えの80%はネガティヴなもの

幸福の敵は思い込みや錯覚であり、

物事を違う角度から見て真実が分かったら苦しみは少なくなるそうです。

 

思い込みや錯覚を作るのが’習慣’だそうです。

 

習慣の80%はネガティヴな思考の元に作られているので、まずはここを改善するとよい。

 

ネガティヴな習慣を変える方法

①とりあえず感謝してみる。幸せだから感謝するのではなく、感謝するから幸せになれるんだと意識を変える。

②何か人智を超えた大きな力と繋がっていると思う。

③自分の精神的な成長を助けてくれる人を周りに配してサポート体制を作る。

④瞑想をする(ネガティヴ思考を手放す方法も瞑想の一種です)

瞑想のすすめ

この本では様々な種類の瞑想をすすめています。

瞑想はストレスに効くだけでなく脳の中の幸福感や思いやりを司る部分を活性化して、人を幸せへと導いてくれるそうです。

 

私は現在、集中力を高める瞑想を朝晩行っております。

楽な姿勢で座り姿勢を良くして、5分深く呼吸をするだけの簡単な瞑想です。

これからいろいろな種類の瞑想も覚えていこうかなと思います(o^^o)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です