今日も本の話題です♪

今日も最近読んだ本の話をします。

原田マハ著 楽園のカンヴァス 新潮社

この小説は芸術家アンリ・ルソーとルソーの「夢」と「夢をみた」という作品が主人公です。
とある伝説のコレクターがルソーの「夢」に酷似した作品「夢をみた」を所有しており、その真偽を鑑定するべくニューヨーク近代美術館の学芸員ティム・ブラウンと新進気鋭のルソー研究者早川織絵に招待状を送る。物語はここから始まります。
それぞれの登場人物が研究者の立場から、学芸員の立場から、コレクターの立場から、ルソーの恋人の立場から、様々な立場から「夢をみた」について想いを巡らせていく様子が素晴らしいです。優しい眼差しでルソーの作品を見つめています。そして、ルソーが「日曜画家」と揶揄されることを悔しく思い、必死でルソーの名誉挽回に努めています。生涯画家として認められなかったルソーの人生に想いを馳せています。
ルソーの情熱を直接的肌で感じて感動し、立場を超えて何としても「夢をみた」を守りたいと思う気持ちに僕は感動しました。(「夢をみた」の所有権を奪い取ろうと狙っている組織も登場します)

ルソーやピカソなどの芸術家が登場しますが、美術の知識が無くても十分に楽しめると思います。(知らない人の方が物語にはのめり込むかもしれません。)

読後感は10代の頃に好きだった幕末が舞台の時代小説を読んだ感覚とよく似ていました。物語の中でピカソを筆頭とした若く貧しく情熱あふれる芸術家が集うシーンが有ります。志有る若者が集まってそのエネルギーをもって何かを成し遂げようという勢いがあり、その熱気に思わず鳥肌が立ってしまいました。楽園のカンヴァスは青春美術史小説です。

時代小説を読んだ感想や評価の特徴として、歴史の解釈が正しいか間違っているかという評価があると思います。これは小説が面白いか面白くないかという評価とは別のものです。完全なノンフィクションではないのですから、史実に沿って書かれているかということも小説を読むうえで重要なことだと思います。( karasumaru.txt-nifty.com/kurukuru/2014/09/post-f6b0.html こういう評価もあるということです。)

とってもとってもオススメの小説です。文庫本も出ていますのでぜひぜひ読んでみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です