元気でいるか?街には慣れたか?

この前テレビを見ていたらさだまさしさんの案山子という歌が流れていました。ちょうど実家に帰っていたのであれこれ考えるいいきっかけになりました。

ちょっと思ったことを書いてみたので読んでみて下さーい(*⁰▿⁰*)

 

https://youtu.be/q-YWPosTX1M

 

元気でいるか。

街には慣れたか。

友達できたか。

 

そのテレビの案山子をテーマソングにしたドキュメント映像がグッときて、すっごく感動して涙が出そうになったけど、なんとか堪えて冷静に考えることにしました。

 

僕も地元を離れて生活しています。18歳で一回離れて、去年また戻って、今また離れています。

むかしは案山子の歌詞にあるような感覚がスタンダードだったんでしょう。一旦田舎から出たらもうずっと戻らなくて、親が子どもを思っている切実さが何とも言えず美しいかんじ。

 

僕は今別府に住んでるけどまた6月には美和に帰るし、それからまたしばらくしたらどっか出稼ぎに行こうと思う。

田舎町やけど一回出たら出っぱなしである必要もないし、戻ったら戻りっぱなしである必要もないと思う。僕は行ったり来たりします。

 

案山子みたいな切実さも美しさもないけど。行ったり来たりしながら、内から外から面白い町にしていきたいと思います(*⁰▿⁰*)

 

ほんで10月には寝太郎バザールをオープンさせまっせ(^o^)

 

それでは今日はこのへんで(^o^)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です