なごみしねま2019 その10上映作品は「この世界の片隅に」で調整中!

こんばんは、寝太郎バザールの村田です(o^^o)

 

今日はなごみしねまで上映する作品について、

 

どんな作品なのか、

 

何でこの作品を上映したいのか、

 

そんな事を書いてみようと思うのでよかったら読んでみてください。

 

この世界の片隅に

上映作品ですが、

 

この世界の片隅にを上映しようと思って現在調整中です。

 

 

調整中と言ってもまだ何も決まっておりません。

 

お金も用意できてません。

 

代理店の方に「やりたいです!」と意思表示をしただけです。

 

細かいことはこれから話し合いをして、ぜひ協力してもらえるように気持ちを伝えていこうと思います。

 

 

この世界の片隅には、第二次世界大戦の頃の広島県を舞台にしたアニメーション映画です。

 

主人公のすずさんが呉にお嫁に行ってから、毎日楽しく和やかにたくましく生活している様子が丁寧に描かれています。

 

人間関係の嫌なところもそのまま容赦なく描かれています。

 

すずさんは義姉さんに小言を言われすぎて10円ハゲが出来たり(笑)

 

悲しいことがよく起こります。

 

悲しくてとてもやり切れないのに何度も見たくなる作品です。

 

詳しくは予告をみてください♪

 

 

あまり上手にあらすじを書けませんでしたが、

 

私はこの世界の片隅にが大好きです。

自分に少しだけ優しい世界

 

なごみしねまをやる目的は

 

自分に少しだけ優しい世界を作ること

 

です。詳しくはこちら↓↓↓

なごみしねま2019その5自分に少しだけ優しい世界を作る

 

 

この世界の片隅には、自分に少しだけ優しい世界を作るというなごみしねまの目的にぴったりの作品だと思います。

 

すずさんやすずさんの家族が居る世界はとても厳しく悲しい世界なのに、なぜか優しい世界でもあります。

 

この映画を見終わったときに

 

「自分もこうゆう世界で生きていきたい」

 

と思いました。

 

厳しいこと悲しいことがたくさんあっても、なぜか少しだけ優しい世界で生きていきたい。

 

私はそうゆう世界を作るためになごみしねまをやるんです。

 

おわり

 

去年上映させてもらった きょうのできごと も絶対に上映したい映画でしたが、

 

この世界の片隅に もぜひなごみしねまで上映したい作品です。

 

必ず実現させて、この世界の片隅にの力を借りて、自分に少しだけ優しい世界を作るという目的を果たそうと思います。

 

応援よろしくお願いします!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です