なごみしねま2019 その6なごみしねまをもっと知ってもらおう♪

こんばんは、寝太郎バザールの村田です(o^^o)

 

今日初めて寝太郎バザールのブログを読んでくれているという方、どうも初めまして♪

 

山口県岩国市の美和町というところでお店をやっております寝太郎バザールと申します。(今はちょっと訳あって店舗の営業はお休み中なんですけど…)

 

初めましての方がいてくれたらすごく嬉しいですね。

 

 

さてさて。

 

今日はなごみしねまについてもっと知ってもらうためにはどうしたら良いか、

 

どんな方法で告知をすれば良いかを考えてみようと思いますので、

 

どうぞお付き合いください♪

 

1、知ってもらってどうなんの?(目的)

2、去年の参加者の声を聞きたい

3、告知も自分に合ったやり方があるはず

 

知ってもらってどうなんの?

なごみしねまを知ってもらうのにも目的があります。

 

参加者を集めるだけなら去年来てくれた方に

 

「今年もなごみしねまやるんですけど、一緒に映画見ませんか?」

 

と誘えば良いだけです。

 

広く告知する必要はありません。

 

知ってもらうことの目的は

 

「行けないけど応援してくれる仲間」

 

を増やすことにあります。

 

遠くから応援してくれる人、行けないけど「面白そう!」と思ってくれる人、そうゆう仲間を増やしていくことが重要だと思っています。

 

やってることはローカルな遊びなんですけど、楽しさとか盛り上がりは広く広く伝わっていってほしいと願っています。

 

正直に言うと、

 

「行けないけど頑張って」

 

と言われと「そう思っとるんなら来てくれや。。。」とちょっと凹みます。

 

でもそれは中途半端にやってるからだなぁと気づきました。

 

 

これです。中途半端だと愚痴がでる。真剣だと知恵が出る。

 

真剣に考えた結果、

 

「行けないけど応援してくれる仲間」

 

が増えれば増えるほどなごみしねまは楽しい催しになるんじゃないかと思いました。

 

去年の参加者の声を聞きたい

そういえば誰からも感想を聞いていないのに一人で勝手に満足していました。

 

実際に参加した人はどう感じたのか感想を聞いてみようと思います。

 

感想を聞いて、

 

「参加した人はこう言っています!」

 

みたいなやり方も有効かなぁと。

 

今はエンターテイメントとして楽しいものを提供できるほどの実力は無いけれど、

 

日常と地続きのものを丁寧に作ったんだという自負はあります。

 

まぁとにかく感想を聞いてみましょう。

 

友達もたくさん来てくれたし。

 

近々その友達にも会えるし♪

 

告知も自分に合ったやり方があるはず

告知の方法もいろいろあるんでしょうけど、

 

その中でも自分に合ったやり方があるはず。

 

それを早く見つけて上手に使えるようになりたい。

 

こうやってまだ準備の段階からブログを書いてジワジワと知ってもらうというやり方は自分に合ってる。

 

今年はなごみしねまの公式ハッシュタグを決めてInstagramに投稿してもらうのも楽しいかもしれない。

 

とにかく知って貰うってのが一番の課題なのであれこれ試しながら準備していこう♪

 

 

おわり

去年はいろんな事に一喜一憂しながらがむしゃらにやってたからこんなこと考える余裕無かったけど、

 

今回はいろいろ検証しながら勉強しながら準備ができているのでそうゆう部分も収穫の一つであります。

 

一緒に楽しい遊びをしましょう♪

 

って言っても一緒に映画見るだけなんですけど(笑)

 

 

 

 

おわり

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です