金持ち父さんのささやき「お前は誰のために働いているんだ」

こんばんは、寝太郎バザールの村田です(o^^o)

 

今日も一生懸命働いたのでクタクタです♪

 

クタクタの体を温泉で癒してきたので、もう一踏ん張り!今日もブログを書いていこうと思いますのでぜひお付き合いください。


金持ち父さん貧乏父さんを読んで

私は去年の12月に金持ち父さん貧乏父さんという本を読んで、お金持ちになろうと決心しました。

 

それからというもの何故かこれまでにないくらい一生懸命仕事をするようになりました。

 

お金持ちになるという目標を達成するのに従業員として働くということは一見遠回りに感じるかもしれません。

 

お金持ちになるにはまず自分の事業を持つべきだ、それが最短ルートだと考えるでしょう。

 

金持ち父さん貧乏父さんを読んで私が考えたことは

 

「どう働くかどんな仕事をするかも大事だけれど、その仕事をしてどんな事が学べるかを考えよう」

 

ということです。

 

例えば会社を経営するというのは働き方の一例にすぎません。

 

経営している会社がどれだけ利益を出していても、学べる事がない状況ではあまり意味がありません。(競合他社が圧倒的に少ないとか、先代から引き継いだ事業にあぐらをかいている場合など)

 

会社員であってもビジネスにとって重要なことを学べるならば悪いことではありません。

 

意外にも金持ち父さんは会社員という働き方を否定していないのです。

 

あなたは昼間の仕事をやり続けてかまわない。一生懸命働き立派な会社員でいるのもかまわない。ただ、それと同時に資産を増やすことを忘れないようにすることだ。

 

私も今はそうゆう時期だと思います。

 

良き従業員としてしっかり働き、仕事を通してたくさん学び、目標達成に向けてこつこつ資産を増やしていく。

 

資産を増やすのって難しいけど。

コミュニケーションスキルが上達

今働いている旅館に来てまだ1カ月もたっていませんが、一つだけ圧倒的に伸びた能力があります。

 

コミュニケーションのスキルです。

 

いま働いている旅館は従業員に韓国人、中国人2人、ネパール人がいるかなり国際的な職場です。

 

皆さん日本語が上手なので基本的に問題はありませんが、「この言い方で伝わるかな」とか考えたり、大げさなくらいの言い方で伝えたりと正確に早く情報を伝えることを意識するようになりました。

 

客層もアジア圏からのお客様が圧倒的に多く、日本語の館内説明を覚える前に英語のイントロダクションを覚えなければならないくらい英語を使う機会が多いです。

 

まだまだ英語も勉強中ですが、外国人と外国語でコミュニケーションが取れるぞ!という自身は日に日に大きくなってきています。

 

それからもう一つ。

 

言語のコミュニケーションも大事ですが、目を見て喋るとか笑顔で話しかけるとか、そうゆう態度で示すようなコミュニケーションの方法は世界共通だなぁと思いました。

 

この分野の能力はこれを機に大きく成長させていきたいと思います(o^^o)

 

誰を金持ちにしているんだ

さてさて。

 

今日なぜこうゆうテーマでブログを書いているかというと、今日仕事で床のモップがけをしているときに金持ち父さんのささやきが聞こえてきたんです。

 

「お前は一体誰を金持ちにしているんだ。旅館のオーナーか。派遣会社の社長か。目標を見失ってはだめだ」

 

そんなささやきが聞こえてきました。(まぁ自分の心の声なんでしょうけど笑)

 

今の職場に充実感を感じ始めた時期にこうゆう事を考えるということは、

 

この充実感を本来の目標と錯覚するなよということだと思います。

 

充実感は悪くない。目標を見失うのがいけない。

 

大事なことを忘れていないか。

 

大事なのは資産を増やすことだ。

 

そう金持ち父さんに怒られたような気がしました。

 

ちなみに今の私が持っている一番の資産は「脳みそ」です。

 

「脳みそ」にもっと投資をしなさい。

 

「脳みそ」にもっと栄養を与えるような勉強をしなさい。

 

それが本当の資産を築く第一歩だ。

 

はい。そうします。

 

まぁ簡単に言うともっと勉強しなさいってことです(o^^o)

 

これからはちょっとでも時間を作って勉強しようと思います。

 

早く幸運で恵まれたお金持ちになって皆さんと楽しい遊びをたくさんしたいです♪

 

 

それではきょうはこのへんで

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です